渋谷内で滑って転んだ時にクリニックへ行く長所とは

渋谷内で滑って転んだ時にクリニックへ行くと、怪我の具合がひどいと判断される時は、看護師がクリニックの医師に事情を話してくれます。

急患扱いとなり、看護師が身体を支えながら診察室へ連れていきます。
季節が冬の場合は路面が凍結していて、滑りやすいことから、転んだ際に骨折している場合があります。

そのため、骨折と判断した場合は動かすと足に激痛が走るため、添え木をつけて足を固定してくれます。

そして、渋谷内で営業している接骨院へ連れて行ってくれます。

お客がいない場合は医師が運転しますが、お客が他にもいる時は看護師が車を出してくれます。



移動先の接骨院は既にクリニックから連絡を受けているため、患者を受け入れた後、レントゲンで痛い箇所を調べてくれます。

骨折だった時は、添え木を一旦外して厚めの湿布を貼り、湿布の上に添え木をつけてガーゼで固定します。



おそらくですが、痛みはやや残りますが当初に比べると格段に楽になったと想定されます。

渋谷のクリニックにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

骨折の治療は1ヶ月ほど必要なため、しばらくは渋谷内の接骨院に通うことになります。
怪我が軽度だった時は、血が出ている箇所を水で洗い流し、消毒液がついたガーゼで丁寧に消毒してくれます。
最初は激痛に近い痛みを感じますが、徐々に痛みは消えていきます。傷口に軟膏を塗り、ガーゼで固定してもらうと痛みはほぼ消え失せるため、気持ちもかなり楽になります。
治療に数日ほどかかると医師が判断した際は、塗り薬の名前が書かれた処方箋を出してくれます。