渋谷のクリニックに外国人が入る長所と短所

渋谷のクリニックに外国人が入ると、看護師が色々教えてくれる、ある程度なら会話できるなどの長所があります。クリニックに外国人が入ると、初めは周囲の人が驚きますが、渋谷内では外国人は珍しくないので徐々に静まります。

外国人がクリニックを利用するのが初めてだった時は、院内で何をすればいいのかわからなくなり混乱すると想定されます。

その時は、看護師が受付へ案内してくれるので、外国人はどのような理由で訪れたのかを教えることが可能になります。
それに中高年のお客は面倒見のいい人が多いので、困っていたら助けてくれる可能性が高いです。

また、渋谷に遊びに来る外国人は結構多いので、クリニックの医師も英語もある程度なら理解できると思われます。



そのため、外国人が痛いと言う場所の診察をしたり、何を欲しているのかが判明します。

短所は処方箋を書いても理解してくれないことがある、保険証を所持していないなどです。

外国人の症状が分かった時は、医師は症状を改善させるための薬の処方箋を書いてくれます。

ただ、外国人はどこで薬を受取れるのか、場所がわからないと思われます。
その場合は、手の空いている看護師が外国人案内して、薬局のほうへ連れて行ってくれるので大丈夫です。

また、保険証を所持していないので、お金が結構かかってしまいます。


ですが、観光客はお金持ちな場合がほとんどなので、資産面は気にしなくてもいいです。

渋谷の病院の情報が更新されています。

おそらくですが、支払いの際に外国人の財布の中を見た際は、その中身に驚くかもしれないです。